文字サイズ

元大関魁皇の「浅香山部屋」が土俵開き

おかみさん、4人の弟子と記念撮影する浅香山親方
1枚拡大

 昨年2月に独立した元大関魁皇の浅香山部屋の土俵開きが1日、東京・墨田区に新しく完成した同部屋で行われた。土俵祭の後、伊勢ケ浜、友綱の両部屋から7人の関取衆が参加しての稽古で門出を祝った。

 現役時代には幕内在位107場所、通算1047勝など数々の記録を打ち立てた浅香山親方は「これからが本格的なスタート。気を引き締めてやっていきたい」と充実した表情を見せた。

 現在の弟子はまだ4人だが、4階建ての部屋は関取用の個室を3部屋用意するなど力士にとっても絶好の環境を準備した。「関取に上がるのは大変なこと。基本を大事にして強いだけじゃなく皆さんに応援してもらえる力士を育てたい」と抱負を語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    相撲最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(相撲)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス