文字サイズ

琴奨菊、負け越し決まる…故郷で屈辱

 鶴竜が上手出し投げで琴奨菊を下す。左下は白鵬
1枚拡大

 「大相撲九州場所・14日目」(22日、福岡国際センター)

 琴奨菊は鶴竜に敗れ、3場所ぶりの負け越しが決まった。地元福岡での屈辱に「もったいない。あーくそ」と悔しさをあらわにした。豪栄道もすでに負け越しが決定。千秋楽に2人とも出場すれば、00年名古屋場所の雅山、武双山以来の2大関皆勤負け越しとなる。

 北の湖理事長は「幕内上位や三役と力が紙一重だ。よほど腹を据えて力を示さないと同じようなことが起こる。駄目だね」と切り捨てた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    相撲最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(相撲)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス