米大統領次男公判評議入り 薬物依存隠し銃購入

 【ワシントン共同】バイデン米大統領の次男ハンター氏(54)が2018年に薬物依存を申告せず不法に銃を購入したとされる事件の公判は10日、東部デラウェア州の連邦地裁で結審し、陪審員が有罪か無罪かを話し合う評議に入った。初日に結論は出ず、11日も評議を続けた。

 公判ではハンター氏がコカイン中毒だったとされる証拠が示され、連日報道された。民主党のバイデン氏が再選を目指す11月の大統領選を前に、共和党は批判を強めている。

 検察官はハンター氏が「当時コカインを使用し、中毒状態だった」と陪審員に訴えた。弁護側は、銃購入時には薬物を使用していなかったとして無罪を主張した。

 起訴状によると、ハンター氏は18年10月、デラウェア州で拳銃を購入した際、自身の薬物依存を申告しなかった。同月12~23日ごろ、銃を違法に所持したとされる。

 検察官はハンター氏が銃を購入した翌日、交際していた女性に密売人を待っているとのメッセージを送り、翌日にはコカインを吸引しているとするメッセージも送信していたと指摘した。

関連ニュース

国際最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス