文字サイズ

小林氏解任に「正しい決断」米ユダヤ系団体幹部

 【ロサンゼルス共同】米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部ロサンゼルス)のエーブラハム・クーパー副所長は21日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が開閉会式のショーディレクター小林賢太郎氏を解任したことについて「正しい決断を下した」と評価した。共同通信の電話取材に答えた。

 クーパー氏は、小林氏はホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を扱ったコントを発表してから、内容を省みる十分な時間があったと指摘。「『私は間違っていた。謝罪したい』と申し出ていれば、この状況にならなかったはず」と語り、東京五輪に携わる段階で自ら対処すべきだったと訴えた。

関連ニュース

    国際最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス