室蘭PCB処理「25年度まで」 伊藤環境相に厳守要請

 北海道室蘭市の青山剛市長は9日、伊藤信太郎環境相と環境省で会い、人体に有害な高濃度ポリ塩化ビフェニール(PCB)を含む廃棄物を市内の施設で受け入れるとした上で、施設の処理期限である2025年度末を厳守するよう要請した。伊藤氏は「責任を持って対応する」と応じた。

 青山氏は作業の安全確保のほか、期限後には高度で先進的なリサイクル技術を使った事業の誘致など地域振興に取り組むよう求めた。

 環境省は今年3月、西日本エリアを受け持ってきた愛知県豊田市、大阪市、北九州市にある関連施設での処理を終了。室蘭市に対し西日本エリアで今後新たに高濃度PCBの廃棄物が見つかった場合の受け入れを要請していた。

科学最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス