文字サイズ

CO2削減で成長率プラスに内閣府、「グリーンGDP」試算

 内閣府は5日、経済活動に伴う温室効果ガスの削減努力を実質国内総生産(GDP)成長率に反映させる「グリーンGDP」の試算を発表した。二酸化炭素やメタンの排出量を減らせばGDPにプラス、逆に増やせばマイナスに評価する仕組み。1995~2020年の実質成長率は平均で0・57%だったが、削減効果を加味したグリーンGDPの成長率は1・04%となった。

 脱炭素社会に向け、経済と環境負荷の関係を可視化するのが狙い。

 日本の場合、95~20年のグリーンGDPの成長率の平均は実質成長率を0・47ポイント上回った。再生可能エネルギーの導入などが寄与したという。

科学最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス