文字サイズ

奄美大島で九州最大級の滝確認世界遺産の島、名称公募

 鹿児島県奄美市は10日、奄美大島の東海岸で、落差181メートルに上る九州最大級の滝を確認したと発表した。把握できるうちで九州一になるとしている。7月の世界自然遺産登録に続き、新たな観光資源として活用策を模索し、10月8日まで名称を公募する。

 奄美市と共に滝を調べた写真家浜田太さん(67)=同市=によると、アマミノクロウサギの調査を通じて20年以上前から滝の存在は知っていたが、規模の大きさに驚いたのはドローンなどで調べ始めた昨年5月以降。市に相談して今年8月に海側から測量し正確な落差を確認したという。

 滝は水量豊富で、途中で大きく2本に分かれて海に落ちる。

関連ニュース

    >

    科学最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス