文字サイズ

柏崎原発で新たな工事未了総点検で判明、数十カ所か

 東京電力柏崎刈羽原発7号機(新潟県)で再稼働に必要な安全対策工事の未完了が相次いで見つかった問題で、東電が総点検した結果、未完了の箇所がさらに見つかったことが9日、関係者への取材で分かった。未了は数十カ所に上るとみられる。10日に記者会見を開き内容を説明するとしている。

 関係者によると、新たに判明した未了工事は配管の防火工事など。区域変更により、安全対策工事が必要になった区域があったが、担当者間の連絡ミスで認識が共有されていなかったことが原因とみられるという。

 安全対策工事は、新規制基準に基づく重大事故への備えとして東電福島第1原発事故直後に着手。

関連ニュース

    科学最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス