文字サイズ

米大統領、パリ協定復帰を宣言温室効果ガス削減「加速を」

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は19日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への正式復帰をこの日、果たしたと宣言し「気候変動への対策を遅らせることはできない。積極的に温室効果ガス排出を削減することを加速しなければならない」と訴えた。

 オンラインの国際会合で述べた。バイデン氏は、4月22日に温室効果ガスの主要排出国の首脳らによる会合を主催することを改めて表明。参加国に「より野心的な行動を促す」と強調した。

 国連のグテレス事務総長も別のオンラインのイベントでこれを歓迎。「鍵を握るプレーヤーの4年間の不在は、全体の力をそぐような欠落だった」と述べた。

関連ニュース

    科学最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス