文字サイズ

青森の再処理工場など現場調査へ規制委、査察の封印損傷問題で

 原子力規制委員会は16日、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)などで、核物質の盗難防止に向け、国際原子力機関(IAEA)が設備を査察したことを示す封印のワイヤが切れる問題が相次いでいるとして、施設を現場調査することを決めた。

 規制委によると、2008年以降、再処理工場やウラン濃縮工場で、IAEAや国の封印の損傷が計7件発生。今年8月には再処理工場で、プルトニウム監視装置のデータを伝送するためのケーブルを収納する箱に取り付けられた封印が切れているのが見つかった。

 作業員が部材のパイプを誤ってワイヤに接触させたことが原因とみられる。

関連ニュース

    科学最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス