文字サイズ

原電、東海第2原発工程見直しへ安全対策、21年3月「厳しい」

 日本原子力発電の村松衛社長は9日、水戸市内で記者団の取材に応じ、東海第2原発(茨城県東海村)で21年3月までの予定で進められている安全対策工事について「現状として、厳しいと思っている。工程の見直しを含め検討したい」と述べ、工事の終了時期が予定よりも遅れるとの見通しを明らかにした。

 安全対策工事は再稼働の前提で、工事計画は18年10月に原子力規制委員会が認可。これまで、工事終了予定の21年3月以降が、再稼働時期とみられていた。

 村松氏は、工事終了時期について「全体工程はまさに詰めているところなので、現時点ではまだどれくらいということは言えない」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      科学最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス