文字サイズ

独で世界的な環境保護行動に参加福島の高校生9人

 【ベルリン共同】再生可能エネルギーの先進地ドイツを訪れた福島県の高校生9人が9日、首都ベルリンで、早急な地球温暖化対策を求める若者の集会に参加した。スウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさん(16)が始めた世界的な行動の一環で、ドイツの若者ら数百人と再生エネルギー拡大を訴えた。

 9人は再生エネルギーについて学ぶとともに、2011年の東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の体験を伝えるため、日本のNPO法人「アースウォーカーズ」の支援でドイツを訪れた。ドイツは事故を受け、22年までの脱原発を進めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      科学最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス