文字サイズ

東電社長、新潟・米山知事と会談 「県の原発事故検証に協力」

 新潟県の米山隆一知事(右手前)と会談する東京電力ホールディングスの小早川智明社長(左端)=9日午前、新潟県庁
1枚拡大

 東京電力ホールディングスの小早川智明社長は9日、柏崎刈羽原発が立地する新潟県を訪れ、米山隆一知事と県庁で会談した。新潟県訪問は、昨年12月に同原発6、7号機の安全対策が新規制基準に基づく原子力規制委員会の審査に正式合格してから初めて。小早川社長は再稼働について「地元の理解が不可欠だ。知事が掲げる原発事故の検証が何より重要で、全面的に協力する」と話した。

 小早川社長は会談後、記者団に「(審査合格は)まだまだ通過点」と強調。

 米山知事は「信頼は事実に基づいて築かれるもので、理念を唱えても仕方ない。検証への情報提供など実際の措置が重要だ」と指摘した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    科学最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス