サイバー法案の早期策定を明記 政府、年次計画に能動防御

 政府は10日、「サイバーセキュリティ戦略本部」会合を持ち回りで開催し、2024年度の年次計画を決定した。サイバー攻撃を未然に防ぐ「能動的サイバー防御」の導入に向けた法案を早期に策定する方針を初めて明記した。政府は法制化に向けた有識者会議を6月に始動させており、秋の臨時国会への関連法案提出を視野に入れ作業を急ぐ方針だ。

 能動的サイバー防御は、憲法21条が保障する「通信の秘密」を侵害するとの指摘があり、法的課題の整理が焦点となる。

 年次計画は、サイバー攻撃が巧妙化し、生成AIを含む新技術の普及により脅威が増大していると説明した。

関連ニュース

政治最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス