防衛省、特定秘密の漏えい認める 自民党合同会議、手当不正受給も

 防衛省は10日の自民党会合で、特定秘密の漏えいや海上自衛隊の潜水手当の不正受給、「背広組」が中心の内部部局(内局)でパワーハラスメントの事案があったと認めた。詳細は調査がまとまり次第報告すると説明した。終了後、小野寺五典安全保障調査会長が記者団に明らかにした。関係者によると、同省は自衛隊施設などでの不正飲食も含め一連の不祥事の調査結果と処分を12日にも公表する方向で調整に入った。

 会合は国防部会と安保調査会の合同会議で、防衛省側は海自の潜水艦修理契約に絡み川崎重工業が裏金を捻出し、乗員に金品などを提供していたとされる問題についても報告した。

 会合冒頭、小野寺氏は特定秘密の漏えいや不正受給の事案に触れ「一体何をやっているんだという思いだ。しっかりうみを出し切って、精強な自衛隊として生まれ変わるよう期待する」と述べた。松本尚防衛政務官は「ご心配とご迷惑をおかけしている」と陳謝した。

 川重の裏金問題では、捻出された金額は少なくとも十数億円に上るとみられる。

関連ニュース

政治最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス