文字サイズ

自民・塩崎氏長男が出馬正式表明次期衆院選愛媛1区

 次期衆院選に出馬せず引退を表明した自民党の塩崎恭久元厚生労働相の長男で弁護士の彰久氏(44)は22日、松山市内で記者会見を開き、次期衆院選愛媛1区への出馬を正式に表明した。彰久氏は「大事な選挙区を預かる与党の候補者として全力を尽くす」と述べた。

 彰久氏は松山市出身。1999年に東京大を卒業、2002年に東京の大手弁護士事務所に入所した。記者会見では、新型コロナウイルス禍を乗り越えるための医療制度改革などを語った。

 愛媛1区には、立憲民主党の新人で元参院議員の友近聡朗氏(46)と、共産党の新人片岡朗氏(61)が立候補する。

関連ニュース

    政治最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス