文字サイズ

普天間機能の県外分散を提言諮問機関「段階的返還を」

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)返還の方策などを有識者で議論する「万国津梁会議」が、米海兵隊の訓練を県外の自衛隊基地などに分散し、普天間の段階的返還を目指す提言書をまとめたことが25日、関係者への取材で分かった。普天間の危険性を早期に除去する狙い。玉城デニー知事に26日、報告する。

 県はこれまで、政府が名護市辺野古以外の移設先を探すべきだとの方針だったが、提言を踏まえ日米両政府に具体案を示すことで政府との議論を前進させたい考えだ。

 米軍は中国のミサイル戦力強化に対し、小規模部隊を分散させる戦略で、既に各地の自衛隊基地などで日米合同訓練が行われている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      政治最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス