文字サイズ

首相、拉致解決への思い新たに被害家族と面会

 安倍晋三首相は14日、北朝鮮による拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(81)らと官邸で面会した。被害者の元神戸外大生有本恵子さん=失踪当時(23)=の母嘉代子さんが3日に94歳で亡くなったことに触れ「心からご冥福をお祈りしたい」と弔意を示した。その上で、拉致問題について「一日も早く解決しなければいけないとの思いを新たにした」と決意を伝えた。

 面会には嘉代子さんの夫明弘さん(91)も同席した。首相は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談について「あらゆるチャンスを逃すことなく、問題解決に全力を尽くしたい。条件を付けずに向き合う考えだ」と強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      政治最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス