文字サイズ

野党、辞任の菅原氏を一斉批判「遅きに失した」

 野党は25日、有権者に金品を配ったとされる公選法違反疑惑を受けて経済産業相を辞任した菅原一秀氏への批判を繰り広げた。社民党の吉川元・幹事長は談話で「辞任は遅きに失した。断固糾弾する」と非難した。

 安倍晋三首相に対しても「『任命責任は私にある』と言うが、口先だけでなく、どう責任を果たすのかが問われている。徹底的に追及していく」と強調した。

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は記者会見で「衆院議員は国民が選ぶ。悪いことをして国民に謝罪するならば、衆院議員を辞めればいい」と述べ、菅原氏に議員辞職を求めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      政治最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス