文字サイズ

公明、目標超えの14議席獲得発言力強化も

 公明党は、目標の13を上回る14議席を獲得した。候補を立てた7選挙区で全勝し、比例代表でも7議席に到達。非改選との合計は28となり、現行制度下で最も多い議席を確保した。自民党が非改選を含めて単独過半数を維持できなかったことで、連立政権内での発言力が強まると見込む。

 山口那津男代表は日本テレビ番組で、改選11議席を上回る結果について「公明党は国民が進めてほしい課題にはアクセル役を、心配するテーマにはブレーキ役を果たす」と強調した。

 与党で改選過半数を確保したことに関し、斉藤鉄夫幹事長は党本部での記者会見で「国民の期待の表れではないか」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      政治最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス