文字サイズ

「おわび」意思の明記検討 ハンセン病、首相談話12日発表

 政府は12日、ハンセン病元患者の家族に対する国の賠償責任を認めた熊本地裁判決の控訴見送りに関し、安倍晋三首相の談話と、判決の問題点を指摘する政府声明を持ち回り閣議で決定し、発表する。首相談話には、家族への「おわび」の意思を明記する方向で検討している。救済に向けてどのような見解を示すかも注目される。

 首相は9日に見送りを表明した際「筆舌に尽くしがたい経験をされたご家族の皆さまのご苦労をこれ以上、長引かせるわけにはいかない」と表明。談話にはこうした考えを盛り込むとみられる。

 首相は、早期に原告団と面会する方向で調整。

関連ニュース

    デイリーペディア

    政治最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス