文字サイズ

拉致問題「米の閣僚に浸透」 菅官房長官、自民党の会議で報告

 自民党の拉致問題対策本部などの合同会議であいさつする菅官房長官=15日午前、東京・永田町の党本部
1枚拡大

 菅義偉官房長官は15日、自民党の拉致問題対策本部などの合同会議に出席し、米国のペンス副大統領らトランプ政権幹部と会談した訪米の成果を報告した。全ての会談で拉致問題解決への協力を得られたとし、「日米両国の首脳による拉致問題の取り組みが、双方の担当閣僚にも間違いなく浸透していると確認できた」と説明した。

 米国の反応について「日本側の主張を全て理解しているぐらい、米国にとっても拉致問題は重要な課題であり、解決に全力を尽くしたいとのことだった」と語った。

 米ニューヨークの国連本部での講演にも触れ「一日も早い解決のために国際社会に理解と協力を呼び掛けた」と述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    政治最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス