0歳児暴行し死なせた疑い 26歳母逮捕、千葉・船橋

 千葉県船橋市の自宅で長男を床に投げるなどして昨年7月に生後11カ月で死なせたとして、県警は10日、傷害致死などの疑いで同市藤原、母親の無職野中千宙容疑者(26)を逮捕した。容疑を認め「ストレスで頭にきた。昨年3月くらいから暴行を加えていた」と話している。県は、児童相談所が育児放棄の懸念から長男を一時保護したことがあったと明らかにした。

 県警によると、亡くなったのは長男千巴弥ちゃん。布団の中で冷たくなっていることに容疑者の夫(34)が気付いて容疑者が110番し、搬送先の病院で死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は脳損傷だった。

 容疑者は夫と長女、千巴弥ちゃんの4人家族。通報時は全員、家にいた。県警は恒常的な児童虐待がなかったか慎重に調べる。

 県によると、千巴弥ちゃんが生まれた22年8月、容疑者一家が暮らしていた千葉市の児相が、妊娠中に病院未受診だったことなどから育児放棄の恐れがあると判断。その後、千巴弥ちゃんを一時保護した。

関連ニュース

社会最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス