文字サイズ

「核廃絶のリーダーに」ICAN、日本に要望

 原水爆禁止日本協議会(原水協)系と原水爆禁止日本国民会議(原水禁)系の原水爆禁止世界大会の広島大会は6日、それぞれ最終日を迎えた。原水協系の集会では、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が「日本は核兵器廃絶の世界運動のリーダーでなければならない」とビデオメッセージを寄せた。

 フィン氏は「日本政府は核兵器がもたらす結果をどの国々よりも知っているはずだ」として、核兵器禁止条約参加を求めた。「日本政府は米国の『核の傘』の下で暮らすことに満足している。長崎や広島での悪事が他の都市で行われるのを容認するのか」と批判した。

関連ニュース

社会最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス