文字サイズ

大雪影響、雪崩や路面凍結に注意冬型緩みピーク越える

 日本付近は14日にかけて、日本海側や山地を中心に大雪となった。気象庁によると、強い冬型の気圧配置は次第に緩み、大雪のピークは越えつつあるが、積雪が多くなった地域では雪崩や、路面凍結による交通障害に注意が必要だ。北海道では15日にかけて、引き続き暴風雪や大雪の恐れがある。

 14日は東海道、山陽、山形の各新幹線で遅れや運休がありダイヤが乱れた。日航と全日空の国内線は北海道や日本海側の空港を発着する便を中心に欠航が相次いだ。高速道路は北海道や秋田県の一部区間が吹雪で通行止めになった。

関連ニュース

    社会最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス