文字サイズ

覆面パト盗んで九州自動道走る逃走20キロ、徒歩で保護の男

 14日未明、九州自動車道下り線を歩いているところを熊本県警の覆面パトカーに保護された男が、警察官が車外に出た隙にハンドルを握って逃走した。他のパトカーが追い掛け約20キロ先で停車。県警高速隊が、覆面パトカーを盗んだ窃盗容疑で現行犯逮捕した。

 男は山口県周南市の無職網本和成容疑者(51)。

 高速隊によると、「人が高速を歩いている」と110番があり、網本容疑者を保護。容疑者が燃料切れと説明した通りに乗っていた軽ワゴン車を見つけた。

 しかし覆面パトカーを止め、隊員が後方警戒のため外に出たところ、容疑者が突然運転席に移動し、回転灯をつけたまま走りだしたという。

関連ニュース

    >

    社会最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス