文字サイズ

「ロシア側15人前後と接点」スパイ協力疑いの男が供述

 在日ロシア通商代表部の職員に渡す目的を隠し、不正に軍事技術関連の文献を入手したとして、電子計算機使用詐欺の疑いで神奈川県警に逮捕された元調査会社経営の宮坂和雄容疑者(70)が「約30年間で約15人のロシア政府関係者と接点があった」と供述していることが11日、捜査関係者への取材で分かった。通商代表部だけでなく、在日ロシア大使館関係者も含まれるという。

 捜査関係者によると、ロシア側からは、米国の宇宙船「ドリームチェイサー」や、スペースシャトルに似た無人宇宙機「X37B」に関する文献の提供を求められていたことも明らかになった。

関連ニュース

    社会最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス