文字サイズ

津波被害の山田線で試乗会、岩手 三鉄に移管、リアス線に

 JR山田線宮古-釜石間が三陸鉄道に移管され、開通するのを前に行われた報道関係者向けの試乗会=11日午前、岩手県釜石市
1枚拡大

 JR東日本と岩手県の第三セクター三陸鉄道(同県宮古市)は11日、東日本大震災の津波で不通となったJR山田線宮古-釜石間が三鉄に移管され、3月23日に開通するのを前に、報道関係者向けの試乗会を実施した。移管後は同区間に接続する路線と合わせ、全線をリアス線と改称する。

 試乗会は三鉄がリアス線開通に合わせ導入する新車両で実施。午前9時40分ごろ、陸中山田駅(同県山田町)に向け宮古駅(宮古市)を出発、警笛を鳴らしながら走行した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    社会最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス