文字サイズ

空自の緊急発進561回 上半期、対中国機増加

 防衛省統合幕僚監部は12日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が4~9月に緊急発進(スクランブル)した回数が561回だったと発表した。昨年同時期と同数で、半期ごとの回数の公表を始めた2003年度以降、上半期としては2番目タイの多さだった。領空侵犯はなかった。

 昨年同時期と比べ、対中国機は58回増えて345回、対ロシア機は56回減って211回。中国は戦闘機、ロシアは情報収集機が多かった。

 中国機が東シナ海上空を頻繁に飛行したため、全国を四つに分けた航空方面隊のうち南西航空方面隊が全体の6割弱に相当する326回対応に当たった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    社会最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス