文字サイズ

「平壌がロックダウンされた」中国国営メディアが現地報道

 【北京共同】中国の国営メディアは14日までに、新型コロナが確認された北朝鮮の平壌から現地リポートし「首都がロックダウンされた」として市内の閑散とした様子を映像で伝えた。

 平壌駐在の中国国営テレビの記者は「中国大使館から自宅待機の指示があった。家には1週間分の食料しかない」と説明。「平壌ではワクチンを接種した人は多くない」と懸念を示した。

 映像によると、中心部の金日成広場付近に普段は見られない壁が設置されていた。コロナ対策の可能性がある。

 中国国営通信の新華社も「ロックダウンが始まって以降、いつもは車などの往来が盛んな通りが、がらんとしている」と報道した。

主要最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス