文字サイズ

上場地銀6割が業績悪化4~12月、利息収入低迷

 東京証券取引所などに上場する地方銀行78社の2019年4~12月期決算が14日、出そろった。44社が前年同期比で純利益を減らし、2社は純損益が赤字に転落した。合わせて6割に当たる46社の業績が悪化した。日銀の超低金利政策が引き続き逆風となり、本業である貸し出しの利息収入が低迷した。新型コロナウイルスによる肺炎拡大で観光客が少なくなったり、企業の生産が停滞したりすれば、地域経済は深刻な打撃を受ける。業績好転は見通せない。

 29社は増益で、3社は赤字から黒字に転換した。78社の純利益の合計は6・5%増の7391億円で、4年ぶりに前年同期を上回った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      主要最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス