文字サイズ

のん絶賛の姫路B級グルメ「ジャンボ餃子」を食べてみた…1年に一度だけ復活する「幻の肉まん」も!?

 女優・のんさんといえば、兵庫県の出身。そののんさんが、若かりし頃(今もお若いですが)、姫路を訪れれば必ずと言っていいほど食べたソウルフードが、姫路駅近くにあるそうです。それは、手のひらほどの大きさの「ジャンボ餃子」。お値段も驚きの安さといい、一体、どんな代物なのか、取材してきました。

 昨年11月、姫路駅前で開かれた「神戸新聞まつり」にゲスト出演したのんさん。イベント後の取材で昔の思い出に話が及ぶと、「餃子!!餃子です!もう、めっちゃおっきいんです!手のひらぐらいあって!」「昔、家族や友達と姫路に来たら絶対食べてました!すっごいボリュームなのに、めっちゃ安くて、お金がない中高生でもお腹いっぱいになれたんです!!」とハイテンションで教えてくれました。

 そこまで言われれば…と足を運んだのはJR姫路駅に隣接するグランフェスタ姫路内の「御座候・担々麺」。ていうか、御座候といえば、関西人にとっては回転焼き(関東では今川焼とも)の代名詞ですが、実は地元・姫路には姫路駅近くに3店舗の「御座候・担々麺」があり、地元民曰く「何ならこっちの方が有名かも」というほど親しまれ愛され続ける存在だそうです。

 食券制で、とりあえず餃子5個390円と、担々麺(ゴマみそ)350円を注文。午後5時ごろ、カウンターはほぼ満席で老若男女問わず人気のよう。と、座って間もなく出てきたのは、皿に乗りきらないほどのボリュームの餃子。箸で持つとずしりと重く、カリカリもちもちの皮の中からはジューシーな肉汁が。ん?この香りは…マトン(羊肉)!? 続いて担々麺も登場。最近流行の「担々麺」とはちょっと違う、サラリとしたスープはいろいろな素材の味が溶け込み、細麺に絡み…辛さはほとんどありませんが、何となく懐かしくなる味です…が、のんさんの言う通りすごいボリュームで、胃が「もう何も入りません状態」になりました。

 というワケで、もう少し詳しいお話を…と御座候(本社・姫路市)へ。同社は元々回転焼きとうどんやそばを出す食堂事業を両輪としていましたが、1972(昭和47)年に新機軸として挑戦したピザ屋が1年もたずに閉店。その厳しい現実に「食堂部門もやはり日本人に親しみのある味を」と跡地に「ラーメン・餃子」の店を作ることになり、さらに「インパクトが無ければ生き残れない」と開発したのが、このジャンボ餃子と担々麺だったそうです。

 ジャンボ餃子は、香りのあるマトンにたっぷりの刻み白菜、キャベツ、ニラが入り、重さは何と43グラム。普通の餃子の2つ分ぐらいでしょうか。皮も特製で四角い形。3店舗で1日2600個ほど売れるそうです。一方の担々麺のスープは鶏がらと豚骨をじっくり煮込んで、コーンやもやし等を添えて。「見た目もラーメンに近く『あんなの担々麺じゃない』とお叱りを頂くこともあったそうですが、それでもより多くの方に親しんでもらえる味と値段を追究したそうです」と広報担当の小倉右士さん。時代とともに少しずつ値上がりはしたものの、姫路界隈では、のんさんのように学生たちがおやつ感覚で食べていたそうです。

 そして、その餃子を上回るほどの人気を博していたのが、店頭で手作りする「肉まん」。この肉まん、生地が真っ白くふわっとしていて、ほおばると肉汁がじゅわっとあふれ、手までべちょべちょになるぐらいだったといい、蒸すのが間に合わないほどの行列ができていたそうです。人手不足などで現在は作られていませんが、「まだノウハウが残っているうちに」と1年に1度、年初の鏡開きの日だけ個数限定で“復活”するのだそうです。

 今年の鏡開きは12日、姫路市のあずきミュージアムにて開催。その味を確かめたかったら、行くしかない!?

 御座候2020年鏡開きイベントhttps://www.gozasoro.co.jp/azukimuseum/spkikaku

(まいどなニュース・広畑 千春)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス