文字サイズ

なんてかわいいの!ミニカーに授乳させて遊ぶ2歳児のいじらしさに世界が悶絶

「左の娘の遊び方を見て学び、2歳の息子の導き出した一つの答えが右」

Twitterで、はがんさん(@hagan_hosenka)の投稿した画像が「最高にかわいい」と人気を集めています。動物のぬいぐるみたちがお母さんのおっぱいを飲む愛らしい姿を見て、何かピンとくるものがあったのでしょうか。息子さん、救急車におっぱいを飲ませ始めてしまったのです。幼子の純粋な思いが、なんともいじらしいではないですか。ちなみに「ジム・ボタンの機関車大旅行」というミヒャエル・エンデの児童文学作品では、機関車が子供を産む忘れ難いシーンがあるんですけど、皆さんご存知ですか?あ、関係ない話でしたね。すみません。

閑話休題。

はがんさんは現在、GANMA!という漫画アプリで「異世界なんて行くもんか!」というギャグ漫画を連載している漫画家さんです。仕事と子育てで毎日お忙しくされている中、少しだけお話を伺うことができました。

-2歳の息子さんの愛らしい遊びが話題になっています。息子さんは普段からミニカーなどで遊ぶのが好きなのですか?

「ミニカーがとにかく大好きです。でも基本的にごっこ遊びを仕切るのはお姉ちゃん2人なので、女の子の遊び方に無理やり自分の好きなミニカーを組み込んで遊んでいます」

「例えば、ままごとに使う食材をミニカーにしたり、シルバニアファミリーのお家の中を働く車で工事したり、といった感じです」

-お子さんは3人いらっしゃるんですね。

「長女8歳、次女6歳、そして長男2歳の3人です。ちなみに、ぬいぐるみの授乳を思いついたのは長女です」

-こういう思いがけない瞬間に出会えるのは、子育ての醍醐味ですね。

「大人の常識では出てこない柔軟な発想力で、時には感心するような、時には笑ってしまえるような場面を、子供たちはたくさんつくってくれます。そういう場面に遭遇した時に、子どもってすごいなぁ、かわいいなって気持ちでいっぱいになって、1日の疲れが吹っ飛びます」

「大事な事はだいたい吉本新喜劇から学んで育った大阪人」こと、はがんさんの作品「異世界なんて行くもんか!」は、家にいることが何より大好きな中学生・コモルが、いろんな世界のヒロインから「『異世界転生』をして世界を救え」と迫られる新感覚異世界系ハイテンションギャグ漫画です。母さんがいないと何もできない、炊飯器すら使えない甘ちゃんのコモルが、異世界に行くようで行かない、少し行くかもしれない…!

どんな話やねん、と思った方は今すぐGANMA!をチェックしてみよう。私は現時点で配信されている分は全部読みました。「やれやれって言いながらエロい事する主人公になりたいんだ!!」

(まいどなニュース・黒川 裕生)

   ◇   ◇

■「異世界なんて行くもんか!」 https://ganma.jp/ikumonnka

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス