文字サイズ

エジプトで発見!芸術的に加工された日本の硬貨…弁護士に聞くと「違法で持ち帰れません」

エジプト・ダハブで見つけた芸術的に加工された日本の硬貨/よしかわ(@yoshikawa____36)さん提供
世界各国の加工された硬貨が並ぶエジプト・ダハブのコイン屋/よしかわ(@yoshikawa____36)さん提供
コインを加工する様子。「こんな感じでのこぎりで削って作られてました」/よしかわ(@yoshikawa____36)さん提供
エジプト・ダハブの位置
4枚4枚

 世界一周旅行中の男性が、エジプトのコイン屋さんで、日本の硬貨が絵や文字の部分を残して、くり抜かれて販売されているのを発見。Twitterに投稿したところ、その美しさにネットが騒然としています。「なにこれかっこいい!」「新鮮な発想だ」といったコメントが相次いでいますが…そりゃそうです。こんな硬貨を使った造形、日本国内では見ることはありません。だって、違法なんですもの…。弁護士さんに確認すると、国内に持ち込むこともまかりならないとか。ああ、これぞ一種、背徳的な美しさ。本当の芸術は一線を越えたところにしか存在しないのかしら…。

 投稿したのは「よしかわ」(@yoshikawa____36)さんです。大学を休学してロンドンに留学していましたが、4月14日から世界一周の旅に出発。4カ国目となるエジプトの観光地を訪れている際に「エジプトのダハブで見つけたコイン屋さんが凄かった件」としてツイートしました。「コインを洗い、柄以外の部分をくり抜いて販売されていたのですが、非常に斬新で美しく、久しぶりにグッとくるものを見ました」。一緒にアップされた5円、10円、50円、100円硬貨の画像は、稲穂、常盤木、菊、桜の絵が浮かび上がるように、背景部分が削り落とされています。エキゾチックに輝くお店の雰囲気と相まって、とても繊細な造形のように感じられます。

 一方、「店主の方は日本では違法なこともご存知でした。笑」とし、日本に持って帰ることができないと紹介。投稿の返信欄には残念がる声があふれました。「よしかわ」さん自身も、違法であることはもともと知っていたそうですが、過去の裁判例などを引用しながら、なんとか日本に持ち帰る方法がないかと呼びかけると、「(持ち帰ると)日本ではかなりの重罪」など、多くの人たちから解説が寄せられていました。

 …しかし、本当に持って帰ることができないのでしょうか。あらためて弁護士法人・響の藤田圭介弁護士に聞きました。

  ◇  ◇

 ー投稿された方が見つけた、美しく削られた硬貨。本当に日本に持ち帰れないのでしょうか。

 「海外で加工された日本通貨は、関税法69条の11・6号の「貨幣」の「変造品」にあたるので、輸入は禁止されています。実際、海外で加工した日本の五百円硬貨等をマジックのタネとして、販売目的で日本に持ち込もうとしたマジシャンらが関税法で摘発されたという最高裁判例もあります(最判平成19年(あ)2066)。ですので、海外から加工された硬貨を持ち帰ることは違法です」

 ーそこをなんとか!弁護士さんだから知っているような、いい方法はありませんか。

 「うーん、適法に持ち帰る方法はないですね」

 ー…あ、ごめんなさい。そうですよね。…もしこっそり持ち帰って見つかるとどうなりますか。

 「関税法69条の11・6号に違反になるので、関税法109条1項により、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金に処せられます。併科(両方の刑に処すること)になることもあります」

 ーしかし、思い出の品を持って帰りたいだけなのに、こんな大事になってしまうことには、ちょっと違和感があります。観賞用に持って帰るだけでも、だめなのでしょうか。

 「一般の感覚からすればそうかもしれませんが、法律的に貨幣の信用を保護するためには、やむを得ないかもしれませんね。最初は観賞用にするつもりでも、後々不正な目的で利用されてしまうおそれもありますし」

 ーそういえば、エジプトのお店の方は硬貨を加工していますけど、今回のことが明らかになって罪に問われるようなことはないのでしょうか。投稿された方も加工された硬貨を購入してお持ちになられていますが、あわせて心配です。

 「硬貨を加工することは、貨幣損傷等取締法1項の「貨幣」の「損傷」にあたり違法ですが、海外のお店の場合は処罰されることはありません。法律の世界では、いかなる行為が犯罪になり、それに対していかなる刑罰が科せられるかについて、あらかじめ成文の法律をもって規定しておかなければならないという決まりがあります(罪刑法定主義)。貨幣損傷等取締法には、国外犯を処罰する旨の規定がないため、海外のお店は処罰対象にはなりません。また、貨幣損傷等取締法では、貨幣への損傷行為のみが違法で、販売や所持は問題になりません」

 ーああ、よかったです! 

 「ちなみに、日本以外の国では自国内で自国の貨幣を加工することを認めている国があります。ヨーロッパでは、ユーロやセントの加工は違法ではないようで、例えば、ドイツのベルリンの観光地にはユーロやセントを記念メダルに加工するペニープレスという機械が設置されています。硬貨の加工が違法であるということは、世界共通であるとは言えないかもしれませんね」

  ◇  ◇

 ツイッターのやり取りを通して、日本に持ち帰ることが難しいと再確認した「よしかわ」さんですが、「買わないと後悔する気がしたのでとりあえず旅の間だけでも身につけようと思って」2300エジプト・ポンド(日本円で1万5000円程度)を支払って、今回見つけた4枚の硬貨を購入したそうです。

 アフリカの国々などの情報はまだインターネットには少なく、実際に行って発信することの大切さを感じているという「よしかわ」さん。今回のコインのことを投稿した理由について、「普段このような作品やアートに心を奪われることがあまりないのですが、このコインはひと目見た瞬間に心を奪われたからです。また、この感情、日本の硬貨のデザインの素晴らしさを皆さんと共有したかったからです」と話しています。

 現在は6カ国目のタンザニアに滞在。アフリカ最高峰のキリマンジャロの登山に挑戦し、無事5895メートルの頂点を制覇されたそうです。その後は6月半ばまでにアフリカ縦断を終え、北米、南米、ヨーロッパなどを周遊し、8月末には京都に戻ってくる予定だそうです。ぜひご安全に。そして、今回硬貨を見つけたような、素敵な出会いがたくさんありますようお祈りしています。(まいどなニュース・川上隆宏)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス