文字サイズ

もちもちフワフワ泡に包まれる魔法のシャワー!大震災で生まれた消火技術から誕生

極上の泡をまとうシャワー「KINUAMI」(提供写真)
水を泡にして消火する、最新式の消防車(提供写真)
シャワーから出てくる泡(提供写真)
夢の「全身泡パック」も数十秒でできるという(提供写真)
浴室に設置したイメージ(提供写真)
5枚5枚

 一日の疲れを洗い流してくれるシャワータイム。お湯でも気持ちいいのに、もちもちフワフワの極上の泡に包まれたなら…。想像するだけでうっとりと異世界に行ってしまうような、夢のシャワーが誕生したという。もとになったのは、阪神・淡路大震災を機に開発された最新型消防車の技術。消防と浴室、確かに「水つながり」だが、絶対に出会うことはなさそうな組み合わせが生んだ驚きの新商品の開発の舞台裏を取材した。

 シャワーはその名も「KINUAMI(絹浴み)」。水栓とつないだ本体に天然シルク由来成分を配合した専用のトリートメント剤を入れ、浴室外のコンプレッサーから圧縮した空気を送り込むことで、専用シャワーヘッドから絹のようになめらかな泡が放射される。手で泡立てたのとは比べものにならないほど濃密で体にとどまり、まるで白いまゆに包まれているような。本体のレバーで通常のシャワーに切り替えられ、簡単に洗い流せるという。

 3月下旬から1台4万3000円、限定100台でクラウドファンディングを始めたところ、わずか2週間余りで達成し(売り切れ)た。

 開発したのは、消防車の国内最大手モリタグループで消火器などを手掛ける「モリタ宮田工業」(東京都)と、リクシルの100%子会社で洗面台などを製造するニットーセラ(愛知県常滑市)。その出会いは、2年前の「国際福祉機器展」にさかのぼる。

 モリタグループでは、消防車のほかに訪問介護用の車も手掛ける。その現場で「体が不自由な方の入浴や洗体は非常に大変」という話を聞き、「もし消防車の技術を生かして泡のシャワーができれば負担も軽くなるのでは」と2016年から取り組み始めた。

 火を泡で消す最新型消防車は、1995年の阪神・淡路大震災で、消火栓や水道管などが破損し、水源確保が困難を極めた苦い経験をもとに開発された。水に高圧の空気を送り込んで泡にし、吹き付ける。空気を遮断して冷却し、効果的に消火できる上、水量は従来の10分の1以下になり、水圧が低くても対応可能。消火作業で家が水浸しになる二次被害も抑えられるとして、2007年の発売以来、全国で約1900台が納入されている。

 ただ、「火災の炎ではなく人に使ってもらえるものを作るノウハウはなかった」(モリタ宮田工業)といい、試行錯誤を繰り返した末、2017年の同展に試作品を参考出展。そこで泡シャワーを体験したニットーセラの担当者は「全く新しい入浴体験。介護にとどまらず、一般のお客様も、今までにないラグジュアリーな体験や幸せを感じて頂けると直感した」といい、2018年6月、共同プロジェクトを立ち上げた。

 集まったのはモリタの技術研究所長を始め、2社計8人のメンバー。ただ、「極上」の質を作り出すにはいくつものハードルがあった。消防車とは水の出方も違えば、ただ泡になるだけでなく、均質で継続的に出続けなければならない。泡を作る倍率を何通りも実験し、水の硬度も考慮して15、6種類のトリートメント剤を試作。肌に着く泡の感触が一番良いものを探し出した。簡単に設置でき、インテリア性も損なわないようにデザインも工夫。モニターテストを繰り返した。

 さらに、クラウドファンディング国内最大手の「マクアケ」と連携し、最初から市場に出すのではなく、出資を募りながら反応を探る手法を採用したところ、開始直後から介護・美容関係にとどまらず、さまざまな分野から問い合わせが相次いだという。

 「これまでは『消火』という特殊な分野だけだった技術が、一般の方にも価値あるものと認められ、お役に立てるのは純粋にうれしいし、今後の励みになります」とモリタ宮田工業の担当者。「介助や家事など、泡という技術を幅広く活用できれば」と意欲を燃やす。自らも実験台になって泡シャワーを試したというニットーセラの担当者も「価格にたがわないクオリティになったと感じています。本当にモリタさんと出会えて良かった。少しでも入浴の空間にゆとりを提供していきたい」と話す。

 クラウドファンディングは4月中旬に終了しましたが、間に合わなかった人も大丈夫。現在、商品製作と並行して事業化を進めているそうです。週末で、もう疲れも限界。早く極上体験、してみたい!!! あ、その前に貯金かな…。(まいどなニュース・広畑千春)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス