文字サイズ

「イイ女が続々殺される!!絶対見てくれ!!」 自由すぎる手描き映画看板の世界

 スーパーヒーロー映画「アクアマン」のタイトルの下にまるで正式な副題のごとく堂々と躍る「海底大決戦」の文字。あるいはホラー映画「サスペリア」を告知する惹句「これは酷い!!イイ女が続々殺される!!絶対、みんなで見てくれ!!」。いずれも大阪・新世界の名画座「新世界国際劇場」に掲げられた手描きの看板である。制作しているのは、大阪市西成区に工房を構える「映画絵アーチスト」八条祥治さん(62)。レトロ感あふれる手描きの味わいはもちろん、最近ではそのあまりにも独特な言語センスが、Twitterなどでも注目されている。自由すぎる惹句の数々は、一体どのように生み出されているのだろうか。

 シネコンが隆盛を極める今、手描きの映画看板はもはや絶滅寸前だ。全国でも数少ない現役の職人として知られる八条さんは、25歳の頃から、先代で父の孝昌さん(故人)を手伝い始めた。

大阪や和歌山にあった東映直営館の看板を手掛けてきたが、時流に逆らえず相次いで閉館。孝昌さんが亡くなった2007年頃には、ついに映画館の仕事が全てなくなってしまったという。前任者の引退に伴い、新世界国際劇場の看板を請け負うようになったのは2010年から。他に店舗の看板や企業広告の注文が入ることもあるが、映画看板の仕事は今、ここ一本だけだ。

     ◇     ◇

 「劇場からの発注です。私が考えているわけではありません」

 ネットでもたびたび話題になる“名コピー”について八条さんに質問すると、そんな拍子抜けする答えが返ってきた。新世界国際劇場からの注文書を見せてもらうと、そこには「常軌を逸した男の顔面クロース・アップです」「異様な形相にして下さい」「血しぶきはスチル(写真)より赤めに」といったイラストに関する細かい指示や、先述した「海底大決戦」や「月面探索実話巨弾」などの目を引く(そして公式には存在しない)キャッチコピーの類がびっしりと書き込まれていた。

 「ほんまにこんなん書いてもええんかなあと思うこともあります。例えば、今度設置する『コントロール 洗脳殺人』の惹句は『引越したら、無性に人殺したくなっちゃった(ハート)』なんですよ…」

 看板のド派手な雰囲気とは裏腹に、八条さんご本人はいたって穏やかな紳士。作品が毎週3本ずつ入れ替わるため、盆も正月も関係ない生活だが、「父から受け継いだ映画看板の灯を消さないように」という熱い思いを胸に、今日も絵筆を握る。

     ◇     ◇

 今でも週替わりで手描きの看板を掲げている新世界国際劇場は、全国でもかなり珍しい存在だ。このご時世、なぜ手描き看板を貫くのか。担当者に聞いた。

 「やっぱりウチといえば手描き看板、手描き看板といえばウチですから。『デイリーといえば阪神』と同じ。それに手描きはインパクトが強いですし、表現の自由度も高い。これからも続けるかって?当然でしょう」

 なんと心強い。では「絶頂を 極めた男が 地獄行き!!ヤッタな!!」などのクセが強い惹句はどういう意図で?

 「デイリーの見出しを考える人に聞いてみて。絶対同じ感覚やから。なんならあなたが書いてくれてもええで。いや、書いてよ。書いて書いて」

 (この人は何を言い出したんだ…)ネットで注目されることについてはどうですか?

 「そんなん言わんといて!手が震えるから!」

 というわけで、最後はよくわからないところに着地してしまいましたが、最高に味わい深い手描きの映画看板を見に、みなさんも新世界へ足を運んでみてはいかがでしょう。ちなみに併設されている成人映画館の看板も八条さんの作品です。(まいどなニュース・黒川裕生)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス