文字サイズ

ウガンダ代表、選手村へ 失踪にコロナ、混乱1カ月

 大阪府泉佐野市で事前合宿した東京五輪のウガンダ選手団が20日、宿舎を出発し選手村に向かった。選手団は来日以降、2人が新型コロナウイルス陽性となって一時隔離され、他の選手らも宿舎待機が続いた。運動施設で練習できるようになってからも、男子選手1人が失踪。約1カ月の滞在中、混乱が続いた。

関連ニュース

    ニュース動画最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス