姫路城「三の丸広場」有料化検討 保存費用確保、市民無料維持へ

 兵庫県姫路市は10日、世界遺産の姫路城で無料開放している「三の丸広場」の有料化を検討していると明らかにした。城の保存継承に必要な財源確保が目的。市民については無償で清掃する人もいることから無料を維持する方向という。

 三の丸広場は城の南側に広がる約1万4500平方メートルのスペース。安全性を高めるため夜間は閉鎖する計画もある。

 市の姫路城管理事務所の担当者は、検討の入り口段階だと説明した上で「姫路城を未来に継承していくために大切なことなので、しっかり検討していきたい」と語った。

 姫路城を巡っては6月、清元秀泰市長が外国人入場料を約4倍に値上げする案を表明した。

関連ニュース

話題最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス