文字サイズ

国語記述式、東北大合否に使わず 共通テスト、「不公平の恐れ」

 東北大は5日、2020年度に始まる「大学入学共通テスト」で導入される国語の記述式問題を原則として合否判定に使わない方針を公表した。国立大学協会のガイドラインは、記述式の採点結果を段階別評価で点数化し、マーク式の点数に加えることを要求している。不採用の方針を示した国立大は初とみられる。

 東北大は「受験生にとって不公平になる恐れがある」としている。英語の民間検定試験については、受験生からの成績提出を出願要件から外すことも表明した。

 公表した基本方針で、東北大は「国語の段階別評価を点数化すること自体がその理念に整合しない」と批判した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    話題最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス