文字サイズ

高知駅「かつおたたき弁当」1100円

 高知駅「かつおたたき弁当」1100円
1枚拡大

 高知県と言えば、よさこい、カツオの一本釣り、坂本龍馬、阪神の藤川球児投手がまず頭に浮かぶ。そして、日本にある駅弁の中でも数少ないと思われる、刺し身であるカツオのたたきを通年提供している弁当が高知駅にある。この時季は温かい弁当が恋しいが、全く逆をいく、冷たくなくては話にならないそんな駅弁-。高知県のカツオの漁獲量は全国で4位(2016年)だが、消費量は他の追随を許さず1位となっている。また、県の魚にも指定され、県民に愛されて多く食べられている。そんなカツオのたたきをメインに、薬味も色々使って飽きの来ない味に仕上がった駅弁を今回いただいた。

  ◇  ◇

 カツオのたたきを独立した容器に入れて保冷剤を下に敷き、鮮度を持たせる。素晴らしい発想で過去に数回、夏でもおいしくいただいたことがある。切り身も以前は幅が1センチほどだったと思うが、今回は2センチ近くありそうで、肉厚の大きなものが5切れドーン!それにかけるダシもたっぷり2容器入り、なくなることはない。

 ミョウガ、大葉、ニンニク、ネギなどに加え、今の時季はユズ(季節により変化)と、薬味での味巡りも楽しい。

 エビ、卵焼きなどの定番のおかずもしっかり入って、豪快な名物・皿鉢料理を想像させる高知らしい駅弁だ。

 1100円。土讃本線・高知駅「安藤商店」TEL0888・83・1000。(デイリースポーツ・柴田直記)

関連ニュース

    デイリーペディア

    おすすめ駅弁最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス