東京海上6万3千件情報漏えいか 契約者の名前や住所、電話番号

 東京海上日動火災保険は10日、コンピューターウイルスに感染した委託先のサーバーから保険契約者や取引先、グループ会社の社員ら計約6万3200件の情報が外部に漏えいした恐れがあると発表した。契約者の名前や住所、電話番号などが含まれる。情報の不正利用は確認されていないという。

 東京海上によると、東京海上日動あんしん生命保険、イーデザイン損害保険を加えたグループ3社が業務を委託する高野総合会計事務所(東京)が身代金要求型のウイルス「ランサムウエア」に感染。3社の保険契約者の個人情報や保険料などの契約内容、取引先企業の情報が漏れた可能性がある。

経済最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス