文字サイズ

大阪マルビル建て替えへ大和ハウス、30年春完成

 大和ハウス工業は13日、JR大阪駅前の複合ビル「大阪マルビル」を建て替えると発表した。2023年夏に着工し、30年春の完成を目指す。高さ約124メートルの現在のビルよりも高層化させる計画で、ホテルやオフィス、大型ホールを設置する。

 大阪マルビルは1976年4月に開業した。地上30階建てで、日本では珍しい円筒形の超高層ビルとして話題を集め、大阪駅前のランドマーク的な存在として親しまれてきた。設備の老朽化が進んでいるため建て替えを決めた。新たな建物にも円筒形のデザインを一部に残す予定という。

経済最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス