文字サイズ

新生銀社長、2月退任の意向表明SBI傘下入り濃厚で

 新生銀行の工藤英之社長は25日、オンラインで記者会見し、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)によりSBIの傘下入りが濃厚になったことを受け、来年2月に退任する意向を表明した。SBIは新生銀を子会社化した後に新社長ら3人を送り込む考えで、主要な経営陣は入れ替えになる見通しだ。

 工藤氏は「引き継げる人がいれば、そこで退任する」と述べた。SBIは新生銀の会長に元金融庁長官の五味広文氏、社長にSBI副社長の川島克哉氏を推薦しており、取締役選任の株主総会を2月に開く。

 新生銀は25日に買収防衛策の発動を諮る臨時株主総会を開催予定だったが中止した。

関連ニュース

    経済最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス