文字サイズ

東証、午前終値は3万0510円反落、米株下落受け利益確定売り

 15日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。前日に31年ぶりの高値水準を付け、警戒感が出ていることに加え、前日の米国の株価下落も材料に利益確定の売り注文が膨らんだ。下げ幅は一時300円を超えた。

 午前終値は前日終値比160円05銭安の3万0510円05銭。東証株価指数(TOPIX)は21・31ポイント安の2097・56。

 前日の米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、新型コロナウイルス変異株の流行に伴う米景気回復遅れへの懸念から下落。15日の東京市場もこの流れを引き継ぎ、朝方から幅広い銘柄で売りが優勢となった。

関連ニュース

    >

    経済最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス