文字サイズ

トルコリラ、年初から3割安 欧州の金融機関に悪影響も

 トルコリラ紙幣を数える最大都市イスタンブールの両替商=2日(ロイター=共同)
1枚拡大

 【イスタンブール共同】トルコの通貨リラは10日、対米関係の悪化を背景に、外国為替市場で9日に続いて最安値を更新し、一時1ドル=6リラ台まで下げた。リラは今年に入り3割以上値を下げ、経済への悪影響が不安視される。トルコに融資する欧州の金融機関の経営への悪影響が意識され、円高ユーロ安も進んだ。

 トルコメディアによると、エルドアン大統領は9日夜、リラ安は外国勢力によるトルコへの反対運動だと演説。「われわれには国民と神がいる。心配ない」と強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    経済最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス