文字サイズ

ロケ地に黒板五郎さんの記念碑「北の国から」富良野市

 テレビドラマ「北の国から」のロケ地、北海道富良野市で23日、主人公黒板五郎さんの記念碑の完成式が開かれた。今年3月、演じた俳優田中邦衛さんの一周忌に合わせた式典で、脚本家の倉本聰さんが「けじめをつけるため」と構想を明らかにし、地元有志らが建立した。

 作中、五郎さんは畑から出てきた自然石を自力で積み上げて家を造り、ドラマ放送後もロケ施設は「五郎の石の家」として公開されている。記念碑は五郎さんの墓という位置付けで、その敷地内に建立。家と同様、地元の石を積み上げたもので、かつて石の家の建築に携わったスタッフのほか、ボランティアら約40人が制作に関わった。

文化最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス