文字サイズ

仮想空間でアバターが漫才吉本興業、新事業発表

 吉本興業は13日、最先端のデジタル技術とエンターテインメントを融合させる新事業を発表した。インターネット上の仮想空間「メタバース」で、CGで作ったタレントのアバター(分身)が漫才や落語を披露するといった活用法を想定。同日、東京都内で開いた発表会では、お笑いコンビ「見取り図」が実際にアバターを使って漫才を繰り広げ、笑いを誘った。

 見取り図は、ゴーグル型端末を付けて登場。スクリーンには大阪・道頓堀を再現した仮想空間が映し出され、その中でアバターが、2人の動きに合わせて漫才を披露した。リリーは「全世界にリアルタイムで漫才を届けられる」と喜んだ。

文化最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス