文字サイズ

英辞典、今年の言葉「NFT」コロナ関連候補も

 【ロンドン共同】英語辞典「コリンズ」を出版する米出版大手ハーパー・コリンズの英国法人は24日、今年頻繁に使われた代表的な言葉として「NFT」を選んだと発表した。複製が可能なデジタルデータのオリジナルとコピーを区別するためなどに使われる仕組みで、日本語では「非代替性証票」などと訳される。最終候補には新型コロナウイルス関連の言葉もあった。

 最近はNFTを使ったデジタルアートの取引への関心が急速に高まっている。

 NFTは英語「NON-FUNGIBLE(代替不可能な) TOKEN(証拠)」の略語。

関連ニュース

    文化最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス