文字サイズ

五代目文枝さん作「熊野詣」上演桂枝曾丸さんが和歌山で

 上方落語の名手として知られた五代目桂文枝さん(2005年死去)が、熊野古道の世界遺産登録に合わせて04年に創作した「熊野詣」を、弟子の桂枝曾丸さん(52)が21日、和歌山市民会館(和歌山市)で演じた。「一門の思い入れのある作品で恐れ多く、自分はなかなか挑む勇気がなかったが、地元で上演できてうれしい」と感無量な様子だった。

 上方落語で伊勢参りが題材の作品は多いが、和歌山県の熊野三山を参詣する「熊野詣」を題材にしたものはなく、五代目文枝さんが地元の依頼を受けて創作した。枝曾丸さんは自身の定期講演会20回目の節目で初めて演じようと決意した。

関連ニュース

    文化最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス