文字サイズ

田中圭「日本を温かく」「おっさんずラブ」映画化

 話題のテレビドラマを映画化した「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」(23日公開)のトークイベントが東京都内で開かれ、俳優の田中圭、林遣都ら主要キャストが夏らしい浴衣姿で勢ぞろいした。田中は「皆さんの支えで戻ってこられた。この作品が成長していけば、日本がもっと温かく、愛情にあふれると思う」と話した。

 昨年テレビ朝日系で放送されたドラマ版は、田中演じるさえない男を中心に、性別を超えたピュアな三角関係を描き、深夜枠ながら大きな反響を呼んだ。劇場版から加わった志尊淳は「ドラマをずっと見ていたので、参加できてうれしい」と声を弾ませた。

 映画撮影の思い出を問われた田中は、林との「お泊まりロケ」を挙げた。「初めて2人で真面目な話をしたよね」と振り返る田中に、林が「平成最後の満月の夜でしたね」とロマンチックに答えると、集まった女性ファンから悲鳴が上がった。

 吉田鋼太郎は5人でサウナに入る場面が印象的だったという。「すごく大変だったけど、やりきった。いろんな意味でお楽しみに」。“エロ男爵”の異名をとる沢村一樹が「DVDではモザイクがかかるかもしれないので、ぜひ劇場で」とジョークを飛ばし、田中が「適当なこと言わない!」と突っ込みを入れる一幕もあった。

 イベントには内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、真島秀和、大塚寧々、瑠東東一郎監督も出席した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      文化最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス